要求管理ツールRaQuest

はじめに

昨今のシステム(ソフトウェア)開発において、システム(ソフトウェア)に対する要求(要望・要件)は増加・複雑化しています。このような状況においては、システム(ソフトウェア)に対する正しい要求(要望・要件)を開発・定義することも重要ですが、開発・定義した要求(要望・要件)を適切に管理(マネジメント)することも非常に重要です。また、システム(ソフトウェア)の開発中には、環境の変化など、さまざまな要因から要求(要望・要件)が変更されることが多くあります。要求(要望・要件)が変更された場合、発生した変更に対して、適切に対応することも非常に重要です。こうした状況では、要求(要望・要件)を正確に把握・管理・追跡するための要求管理ツールが大きな効果を発揮します。

要求の管理は、表計算ソフトなどで行われていることが多いと思います。しかし、表計算ソフトなどでは、要求を効率的に管理し、変更された場合に影響範囲を検証したり、誰がいつどのように変更したかを把握したりするのは容易ではありません。また、複数人で使う場合には、必ずしも使いやすいものではないと言えるかもしれません。

また、スパークスシステムズジャパンで販売しているUMLモデリング Enterprise Architectはソフトウェアの開発ライフサイクル全体をサポートするツールですので、要求を管理するための仕組みを備えています。しかし、要求を管理するのには機能の不足があります。また、設計開発エンジニアではない人には、必ずしも使いやすいものではないと言えるかもしれません。

こうした状況を少しでも改善するために、スパークスシステムズ ジャパンではUMLモデリングツール Enterprise Architectと連携する要求管理ツール「RaQuest」(ラクエスト)を提供いたします。

従来、要求管理といえば、専任の担当者やチームの一部の人のみが管理する、というケースが多いように思います。この理由のひとつとして、要求管理をするためのツールが高価であり、とても全員に配布して利用できない、という点もあるかと思います。低価格のRaQuestを利用し、Enterprise Architectと連携させることで、開発に携わるすべての人がいつでも要求項目を確認し、要求仕様を満たすシステム(ソフトウェア)の開発を行うという新しいスタイルの開発を行うことも可能になります。

RaQuestの動作には、UMLモデリングツール Enterprise Architectが必要になります。 また、Enterprise Architectを現在利用されていないお客様で、RaQuestに興味のあるお客様は、 RaQuestの新規導入のページをご覧ください。

機能

機能については 機能のページをご覧ください。

価格

価格はこちらをご覧ください。 従来の要求管理ツールと同程度の機能を提供しながら、圧倒的な低価格であることを目指していきたいと考えております。

関連情報

RaQuestに関する他の情報は以下のページをご覧ください。

© 2004-2017 Sparx Systems Japan Co., Ltd. All rights Reserved.
何かお気づきの点がございましたら、support@sparxsystems.jpまでお願いします。