SysMLデータプロジェクト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  個別機能の詳細 >

SysMLデータプロジェクト

SysMLデータプロジェクトに設定することで、Enterprise ArchitectのSysMLのデータを扱うことが出来ます。SysMLデータプロジェクトでは、以下のように動作が変化します。

要求をEAのSysMLの要求として保存

要求詳細を text タグ付き値に保存

要求IDを id タグ付き値に保存

関係

o要求間の関係:ステレオタイプ deriveReqt の依存線

oユースケースとの関係:ステレオタイプ refine の依存線

oテストケースとの関係:ステレオタイプ verify の依存線

oその他要素との関係:ステレオタイプ satisfy の依存線

o親要求との関係:包含線(ネスト)

親要素がパッケージの場合、パッケージとの関係として包含線(ネスト)を作成

要求の種類は、SysMLの種類を指定

関係図をSysML形式で表示

RaQuestバージョン4.0以前で開けない

プロジェクトオプション「IDを概要の前に付与して保存」を無効に固定

プロジェクトオプション「要求の詳細欄で拡張書式を利用」を無効に固定

プロジェクトオプション「要求を別の要求の下に作成したときに、自動的に関係を作成」を有効に固定

プロジェクトオプション「作成する関係の種類を指定」を有効に固定・種類を「ネスト」(包含)に固定