「関連」タブ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  要求のプロパティ >

「UML要素」タブ

要求に関連するUML要素を設定・参照するタブです。

108

関連があるUML要素だけ表示
関連があるUML要素だけ表示します。

再読み込み
データを再読み込みします。RaQuest 起動後 Enterprise Architect でUML要素を増やした場合などに使います。

ツリー
関連があるUML要素の前のチェックボックスにチェックが入ります。チェックボックスにチェックを入れることで要求とUML要素を関連をつけます。

コメント
UML要素との関連のコメントを入力します。

ダイアグラム要素の右クリック
ダイアグラム図を表示します。

WARNINGOKボタンを押すまで、変更した関連付けは反映されません。

右クリック

次のメニューが表示されます。

112

表示
選択されているUML要素がダイアグラム図だった場合に、そのダイアグラム図を表示します。

EAで選択
選択されている要素に対応する要素をEAで選択状態にします。この機能を利用するためには、以下が必要です。

oインストール時に「EA要素選択ツール」が選択されてインストールされていること

o該当プロジェクトが同時にEnterprise Architectでも開かれていること

すべて展開
配下のUML要素をすべて展開します。

すべて折りたたむ
配下のUML要素をすべて隠します。

オプション(UML要素との関連にステレオタイプを利用)が有効の場合

「UML要素との関連にステレオタイプを利用」オプションが有効の場合、表示項目が増え、以下のようになります。

132

関連のステレオタイプ
UML要素との関連のステレオタイプを設定します。