RaQuest の設計コンセプト
作成 2008年08月29日
更新 2011年07月29日

現在のRaQuest の基本設計コンセプトを以下に説明いたします。このコンセプトを元に実際のRaQuestの機能拡充や変更を進めていきます。 ご意見等がございましたら、フォームまたは、メールでサポートまでお寄せください。

目指す世界

「要求管理を行う人全員が要求管理ツールを使って要求管理を行っている世界」

RaQuest コンセプト

「要求管理を行うときに、あたりまえのように使われるツール」

対象システム

分野に依存しない。規模としては、基本要件が30〜50程度、全体で扱う要求が300〜1000程度を平均的な数と想定。この数以上の数のシステムも対象とする。

対象ユーザ

以下のいずれかに該当するユーザの方が主に利用することを想定。

  • いままで要求管理をしていない
  • 要求は文章ソフトで文章だけである
  • 表計算ソフトで要求管理を行っている
  • Enterprise Architectで要求管理を行っている
規模としては、5人以下の人が同時に利用すると想定。

対象プロセス

特定プロセスに、特に依存しない。

具体的に目指す特徴

以下の特徴を持つ要求管理ツールを目指しています。

  • 導入が容易
      具体的には
    • 低価格
    • インストールが容易
    • 設定が容易
    • 初めて使う人のためのドキュメントが存在
    • データの移行が容易
    • 最初に取り組むべき作業が明確
    • サポートサービスが存在など
  • 使いやすい
  • 要求工学の観点で見て、要求管理に必要な機能を有する
  • 要求管理の作業を行うために、便利な機能を有する

© 2004-2019 Sparx Systems Japan Co., Ltd. All rights Reserved.
何かお気づきの点がございましたら、support@sparxsystems.jpまでお願いします。