外部コマンド・外部プログラムとのインタフェースについて
以下は Build 077 時点での仕様です。

外部コマンドの呼び出し

設定ファイルを配置することで、RaQuest のメインメニュー->ツールのところに、外部ツール呼び出しメニューを設定可能。

設定

インストールフォルダの下にフォルダを作り(名前は何でも良い)その下に、拡張子 ini のファイルを作る。 iniファイルの内部のフォーマットは以下。

MENUNAME=メニュー名
EXECFILE=コマンドフルパス
ARGUMENT=コマンド引数
EXECDIR=コマンド実行時ディレクトリ
SHORTCUT=表示順(ショートカットキー)
DESKTOP=Enterprise Architectデスクトップ版と組み合わせのときの動作
SHOWWINDOW=動作時のWindow状態

  • ARGUMENT は引数
    • $f プロジェクトのファイルパスまたは接続文字列
    • $k 選択している要素の種類
    • $g 選択している要素のGUID
    • $e 選択している要素のEAID
    • $p プロジェクトのGUID
    • $%id% など 選択している要素が要求のときの属性値
      ($%(ユーザ定義属性名)% など)
    引数の数を合わせるために、"(ダブルクオート) で囲む必要がありましたら、囲む。
  • EXECDIR は省略可(省略した場合は、ini ファイルがあるフォルダ)
  • SHORTCUT は 1から10 まで。省略可能
    ショートカットキーは CTRL+F1 から CTRL+F10 で対応。
  • DESKTOP は省略可 CLOSE/NG/OK が選択肢
    CLOSE は、Enterprise Architectデスクトップ版 だと一旦クローズ(デフォルト)
    NG は Enterprise Architectデスクトップ版 だと実行不可
    OK は Enterprise Architectデスクトップ版 でも実行
  • SHOWWINDOW は省略可(省略した場合は、通常表示)
    0 は非表示
    1 は通常表示
例:
MENUNAME=メニュー名
EXECFILE=C:\test.bat
ARGUMENT="$f" $g
EXECDIR=C:\
SHORTCUT=1
DESKTOP=CLOSE
SHOWWINDOW=1

上記の場合:
  • メニューには「メニュー名」で表示
  • 実行ファイルは C:\test.bat
  • 引数は、現在開いているプロジェクトファイル($f)と現在選択している要素のGUID($g)
  • 実行時ディレクトリは、 C:\
  • ショートカットキーは CTRL+F1
  • EAデスクトップ版との組み合わせは、プロジェクトを一旦閉じて、実行終了後、開きなおす。
  • 画面は通常表示

外部プログラムからの要求の選択/更新

ライブラリ(インストールディレクトリの RaQuestMessageLib.dll) を利用する

ライブラリの関数

  • SetTargetProjectGUID:メッセージ送信対象プロジェクトを指定
  • FindTargetInstance:指定した対象プロジェクトを開いているRaQuestを検索
  • UpdateRequirement:要求の更新メッセージ送信
  • SelectRequirement:要求の選択メッセージ送信
  • CloseMessage:メッセージ送信終了

サンプルプログラム

外部コマンド呼び出しサンプル

RaQuest インストールディレクトリの下にフォルダを作り、ダウンロードした zip ファイルを解凍して出来たファイルを移動してください。

外部コマンド呼び出しサンプル

サンプル外部コマンド(外部プログラムからメッセージなし)

RaQuest から呼び出され、データを変更する、外部コマンドのサンプル。 このサンプルでは、要求の'要再検討'属性がTrue となっている場合、要求と実現関係で結ばれたUML要素のブックマークをつける。 (要求の状態をUML要素へ反映するサンプル)

要求の'要再検討'状態をUML要素のブックマークへ反映するサンプル(EA-API利用版)
要求の'要再検討'状態をUML要素のブックマークへ反映するサンプル(SQL利用版)
要求の'要再検討'状態をUML要素のブックマークへ反映するサンプルソース(VC6)(EA-API利用版)(サポートユーザのみ)
要求の'要再検討'状態をUML要素のブックマークへ反映するサンプルソース(VC6)(SQL利用版)(サポートユーザのみ)

サンプル外部コマンド(外部プログラムからメッセージあり)

RaQuest から呼び出され、要求データを変更し、RaQuestにメッセージを送信する、外部コマンドのサンプル。 このサンプルでは、ブックマークがついているUML要素と実現関係で結ばれた要求の'要再検討'属性をTrue とし、変更した要求の表示を更新するようにメッセージを送る。 (UML要素の状態を要求へ反映するサンプル)

UML要素のブックマークを要求の'要再検討'状態へ反映するサンプル
UML要素のブックマークを要求の'要再検討'状態へ反映するサンプルソース(VC6)(サポートユーザのみ)
UML要素のブックマークを要求の'要再検討'状態へ反映するサンプルソース(VB6)(サポートユーザのみ)

© 2004-2019 Sparx Systems Japan Co., Ltd. All rights Reserved.
何かお気づきの点がございましたら、support@sparxsystems.jpまでお願いします。