RaQuest の BABOK対応

要求管理の分野を含んだ考えの1つとして、ビジネスアナリシスのベストプラクティスを体系化したビジネスアナリシス知識体系ガイド (Project Management Body of Knowledge®(BABOK®)) があります。 この BABOK® の中で定義されている要求管理を行う際にも RaQuest を適用することは可能です。 特に、要求自身や要求のトレーサビリティを、リポジトリーを用いてマネジメント(管理)するためにはツールの活用が有用です。 具体的には、以下を BABOK® で定義されているものにすることで、適用可能です。

  • 要求の属性の定義
  • 要求の状態の選択肢の定義
  • ツリーの階層構造の定義


●「要求の属性の定義」については、BABOK®ガイドの「2.5.4.3 要求属性の選択」を参照に、利用する属性を決定し、 RaQuest に足らない定義は、RaQuest でユーザ定義属性として定義することで、対応可能です。

●「要求の状態の選択肢の定義」については、以下のいずれかに沿った状態をRaQuestの状態として定義することで、対応可能です。

  • BABOK®ガイドの「1.5.3.1 要求」にBABOK®ガイド内での、要求の状態の表記の仕方の記述に沿った状態
  • BABOK®ガイドの「2.5.4.3 要求属性の選択」の状態に記述された状態

「1.5.3.1 要求」に沿った状態「2.5.4.3 要求属性の選択」の状態に記述された状態

●「ツリーの階層構造の定義」については、BABOK®ガイドの「1.3.3.1 要求の分類スキーム」を元に、 RaQuest のパッケージ構成として定義することで対抗可能です。

●RaQuest でBABOK®対応のサンプルプロジェクトを開いたときの画像を以下に示します。


ステークホルダー要求とソリューション要求の関係マトリックス


1つの要求に対しての影響範囲図

関連情報

RaQuestに関する他の情報は以下のページをご覧ください。

BABOK®、およびBusiness Analysis Body of Knowledge®は、International Institute of Business Analysisの登録商標です。」

© 2004-2017 Sparx Systems Japan Co., Ltd. All rights Reserved.
何かお気づきの点がございましたら、support@sparxsystems.jpまでお願いします。